一部の有権者がバイデン氏への投票を後悔

(2020年11月28日)

Signs for Democratic presidential candidate former Vice President Joe Biden and President Donald Trump mark neighboring property in a middle-class neighborhood of Oshkosh, the hub of swing-voting Winnebago County Wis. (AP Photo/Thomas Beaumont)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Tuesday, November 24, 2020

 ジョゼフ・バイデン次期米大統領(仮)を支持した有権者の一部は、既に後悔の念を抱いていることが、新たな世論調査で明らかになった。

 保守系の「メディア・リサーチ・センター」(MRC)が委託して行われた世論調査によると、バイデン氏に投票した有権者の約17%がトランプ大統領だけでなくバイデン氏の経歴を知っていたら、投票していなかったと回答した。

 バイデン離れの動きが最も顕著だったのは、同氏の息子ハンター氏が絡む疑わしい取引のことを選挙後に知った有権者だ。バイデン氏に投票した有権者の45%がハンター氏の取引のことを知らなかったと回答。9.4%がそのことを知っていたら、バイデン氏に投票していなかったと述べた。

 「選挙を盗んだのは全国メディアだ」。MRC創設者のブレント・ボーゼル氏は、保守派活動家との電話会議でこう語った。「私に言わせれば、メディアは意図的な検閲でこれらのニュースを米国民に触れさせないようにして、トランプ氏から選挙を盗んだ。米国民がこれらのニュースを知っていたら、トランプ氏が再選されていたことは間違いない」

 MRCはバイデン氏に投票した有権者の考え方を変えたニュースとして、・・・

(残り894文字)

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース