パウエル氏、集計機めぐりジョージア州を提訴へ

(2020年11月30日)

Photo by: Jacquelyn Martin / Sidney Powell, a lawyer for President Donald Trump, speaks during a news conference at the Republican National Committee headquarters, Thursday Nov. 19, 2020, in Washington. (AP Photo/Jacquelyn Martin)


By Dave Boyer – The Washington Times – Tuesday, November 24, 2020

 トランプ陣営の弁護士だったシドニー・パウエル氏は大統領選について、ジョージア州での開票機を使った大規模な不正と「外国の侵入」をめぐって、25日に提訴することを明らかにした。

 パウエル氏は24日、FOXビジネスの司会者ルー・ダブズ氏に「ジョージア州の投票、選挙で無数の不正が行われたことははっきりしている」と述べた。

 パウエル氏は先週の記者会見後、トランプ陣営の弁護団から外されているが、他の州でも同様の提訴を行う予定だと表明した。

 「可能な限り速やかに開始する。国全体に影響が及ぶことだからだ。・・・

(残り870文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース