トランプ大統領の政治的岐路、その後を展望する

(2020年12月1日)


 ANALYSIS/OPINION:ドナルド・トランプ氏は岐路に立たされている。 メディアがトランプ氏を敗者だと宣言した後、同氏がスムーズな政権移行の伝統を危険にさらしていると主張する人々は、健忘症を患っている。

 2016年にドナルド・トランプ氏が選出されたとき、ワシントンのエスタブリッシュメントたちは正気を失った。連邦捜査局(FBI)と中央情報局(CIA)の最高幹部は、ヒラリー・クリントン氏と民主党全国委員会などトランプ氏の相手陣営によって支払われた不正なクリストファー・スティール氏による文書をまだ広めていた。

 トランプ大統領の就任直前、当時のオバマ大統領はジョー・バイデン副大統領、スーザン・ライス国家安全保障問題担当補佐官、サリー・イェーツ副検事総長、ジェームズ・コミーFBI長官を大統領執務室に呼んだ。会議の目的は、トランプ氏が国家安全保障担当の大統領補佐官に指名したマイケル・フリン氏に対する政府の監視を継続し、それによって移行を混乱させる最善の方法に関する進捗状況について話し合うことであったと報じられている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース