トランプ大統領の政治的岐路、その後を展望する

(2020年12月1日)

Trump choices illustration by The Washington Times


By Victor Davis Hanson – – Wednesday, November 25, 2020

 ANALYSIS/OPINION:ドナルド・トランプ氏は岐路に立たされている。

メディアがトランプ氏を敗者だと宣言した後、同氏がスムーズな政権移行の伝統を危険にさらしていると主張する人々は、健忘症を患っている。

 2016年にドナルド・トランプ氏が選出されたとき、ワシントンのエスタブリッシュメントたちは正気を失った。連邦捜査局(FBI)と中央情報局(CIA)の最高幹部は、ヒラリー・クリントン氏と民主党全国委員会などトランプ氏の相手陣営によって支払われた不正なクリストファー・スティール氏による文書をまだ広めていた。

 トランプ大統領の就任直前、当時のオバマ大統領はジョー・バイデン副大統領、スーザン・ライス国家安全保障問題担当補佐官、サリー・イェーツ副検事総長、ジェームズ・コミーFBI長官を大統領執務室に呼んだ。会議の目的は、トランプ氏が国家安全保障担当の大統領補佐官に指名したマイケル・フリン氏に対する政府の監視を継続し、それによって移行を混乱させる最善の方法に関する進捗状況について話し合うことであったと報じられている。

 フリン氏の名前は、オバマ政権の高官によってただちにアンマスキング(個人名の開示)されたとみられるが、その後マスコミに不法に漏らされた。

 政権移行期の嫌がらせは、その後も4年間にわたってトランプ氏に付きまとい、連邦裁判所に提出された虚偽の証拠やその他の機密文書が違法に漏洩した。

 過去のいかなる大統領も、・・・

(残り2003文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース