米国人が将来のために今成すべきこと

(2020年12月3日)

New Year’s Day is seen on a 2021 calendar Friday, July 10, 2020, in Overland Park, Kan. 2020 is barely halfway over. That hasn’t stopped many people from declaring the year canceled and wishing it would end. (AP Photo/Charlie Riedel)


By THE WASHINGTON TIMES – – Thursday, November 26, 2020

 ANALYSIS/OPINION:感謝祭が終わった今、米国人は、12月中旬から下旬までの、毎年訪れるクリスマス休戦を象徴する「ノー・マンズ・ランド」(無人地帯の意、2001年製作の映画の題名)の季節に向かって入っていく。

 心理的には、私たちは、新しい米国の政権(これを書いている時点では民主・共和のどちらになるかは決着していない)と、米国人の血液にCOVID-19用ワクチンが流れ込むことの両方を待っているので、宙ぶらりんに近い状態に置かれている。

 国内の多くの所で厄介なロックダウンが行われている中で、待たされることは何であれ腹立たしいことだ。

 怒るのは理解できるが、米国人は、くじけるべきではない。そうではなく、将来のことを楽観的に待ち構えていた方が、ずっと良い。

 軍隊にはしばしば唱えられる「適正な計画と準備がパフォーマンスの低下を防ぐ」という格言がある。ところで、これが、まさに、国が早速にも取り掛かるべきことなのである。それは、四つの範疇(はんちゅう)に分けられる。

 第1は子供たち。・・・

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース