不正選挙の主張めぐり共和党内で対立、上院選敗北に危機感

(2020年12月4日)

Former Mayor of New York Rudy Giuliani, left, President Trump’s personal lawyer, listens to Sidney Powell during a news conference at the Republican National Committee headquarters, Thursday, Nov. 19, 2020, in Washington. (AP Photo/Jacquelyn Martin)


By Seth McLaughlin – The Washington Times – Tuesday, November 24, 2020

 トランプ大統領と法律顧問らによる選挙不正の訴えが、ジョージア州の上院決選投票で共和党候補の足を引っ張り、上院での共和党の多数派維持が困難になるのではないかという懸念が強まっている。

 共和党員らは、同党が支配してきたジョージア州で、共和党支持の有権者が不正選挙の訴えを受けて選挙への関心を失い、民主党の勝利につながるのではないかと懸念している。

 共和党のデービッド・パーデュー、ケリー・レフラー両上院議員は、トランプ氏の主張を支持する一方で、有権者が選挙制度を信頼し、1月の投票に出向くようにするという難しい対応を迫られている。

 ジョージア州の共和党ブレーン、デービッド・ジョンソン氏は「混沌としており、それによって、共和党支持者が投票に行かなくなる可能性がある」と述べた。

 ワシントンの弁護士シドニー・パウエル氏は、・・・

(残り2222文字)

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース