ブラック・ライブズ・マターの地方支部が反旗

(2020年12月5日)

A Black Lives Matter supporter holds a sign while rallying at the Mark O. Hatfield United States Courthouse on Saturday, Aug. 1, 2020, in Portland, Ore. (AP Photo/Noah Berger)


By Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, December 2, 2020

 「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切、BLM)」運動が内部メンバーの反乱に直面している。地方支部が主導権の拡大を要求する一方、数百万㌦の寄付金はどこに行ったのか、回答を求めている。

 全国組織と地方支部は過去数年間、緊張関係にあったが、両者の亀裂が今週、表面化した。10のBLM支部は、「ブラック・ライブズ・マター国際ネットワーク財団(BLMGN)」の幹部が会計簿を公開せず、資金を一般メンバーに分配していないことを非難する声明を公表したのだ。

 「何年にもわたり、BLMGNの資金運用には疑問があった。BLMGNに寄付された数百万㌦の不明資金について、公的または内部的に透明性を確保する許容可能なプロセスがない。(新型コロナウイルスの)パンデミックと暴動が発生した今回、寄付金が増えたことは確かだ」。11月30日に掲載された「BLMの現場からの声明」にはこう書かれている。

 声明によると、「われわれの知る限り、2013年のBLMGNの発足以来、ほとんどの支部は資金援助をほとんどもしくはまったく受けていない」という。

 書簡に署名したのは、ワシントンDC支部のほか、・・・

(残り825文字)

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース