ペロシ下院議長、超党派のコロナ救済策の交渉を受け入れ

(2020年12月7日)

Photo by: Jacquelyn Martin / House Speaker Nancy Pelosi, of Calif., speaks during her weekly briefing, Friday, Nov. 20, 2020, in Washington. (AP Photo/Jacquelyn Martin)


By Gabriella Munoz – The Washington Times – Wednesday, December 2, 2020

 ペロシ下院議長は2日、2兆㌦超の新型コロナウイルス救済法案を取り下げ、新たな交渉のたたき台として小規模の超党派の法案を認めた。

 合意はまだ先のことだ。上院共和党のマコネル院内総務(ケンタッキー州)は、トランプ大統領がすでに承認した小型の救済策に焦点を合わせている。

 11月30日には、ペロシ氏(民主、カリフォルニア州)とシューマー上院院内総務(民主、ケンタッキー州)が、共和党が提示した9080億㌦よりも大規模な救済策を共和党に提示していた。

 両氏は共同声明で「譲歩し、上院議員らが昨日提出した超党派の枠組みを、直近の超党派の、両院での交渉のたたき台とすべきだと考える。ワクチンが間もなく接種可能になることから、ワクチンを配布し、接種するための追加予算を拠出することが重要だ」と主張した。

 「国民のニーズ、ワクチンが与えた希望に直ちに応えるため、マコネル院内総務は、民主党と交渉の席につき、国家の窮状に対応するため実のある、超党派の取り組みを始めるべき時だ」

 声明は、ペロシ氏が、9月に下院を通過した2兆㌦超の「ヒーローズ法案」の枠組みを初めて放棄したことを示す。・・・

(残り1650文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース