マッコーネル上院院内総務、コロナ対策の早期通過を目指す

(2020年12月8日)

Photo by: Tom Williams / Senate Majority Leader Mitch McMcConnell of Ky., speaks to reporters on Capitol Hill in Washington, Tuesday, Dec. 1, 2020. (Tom Williams/Pool via AP)


By Gabriella Munoz – The Washington Times – Thursday, December 3, 2020

 共和党のミッチ・マッコーネル上院院内総務は3日、新型コロナウイルス救済法案への的を絞ったアプローチを改めて強調したが、交渉について楽観的であった。

 ケンタッキー州選出のマッコーネル氏は、民主党が妥協案を支持するのは「心強い」が、交渉するには未解決の問題がまだ多すぎると述べた。

 「強力な超党派の支持を得ている重要な政策が多くあるが、そうでないものも多くある。そして、国を助ける方法は、われわれが残りの問題について議論を続ける間、最終的に前者の法案を実現させることだ」と同氏は述べ、「この上院で、私は大統領が喜んで法案に署名する用意がある要素を含む、真剣で非常に的を絞った救済提案を提出した」と強調した。・・・

(残り539文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース