防諜機関トップ:選挙妨害阻止へ連邦政府とソーシャルメディアが連携、今後の手本に

(2020年12月9日)

This image provided by the Director of National Intelligence, shows William Evanina, the government’s chief counterintelligence officer. (Director of National Intelligence via AP)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Wednesday, December 2, 2020

 米国家防諜安全保障センターのウィリアム・エバニナ長官は2日、今年の大統領選前の連邦政府とソーシャルメディア企業との協力を見れば、今後の外国の影響に対する作戦が見えてくると述べた。

 エバニナ氏はアスペン研究所の会合で、「この2年間、特に半年から9カ月間にソーシャルメディア企業、ハイテク企業と政府が協力して一体となって取り組んだことで、かつてない成果を上げることができた。これは、いかにして選挙を守るかだけでなく、悪意のある外国からの影響を軽減し、民主主義を守り続けるかをめぐって、今後の起きる事態の手本となるのは間違いないと思う」と述べた。

 大統領選への準備の中で連邦司法・警察機関と情報機関は、・・・

(残り527文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース