トランプ氏と共和党、投票日後に2億ドル以上を調達

(2020年12月10日)

In this Oct. 18, 2020, file photo, President Donald Trump gives a thumbs-up as he steps off Air Force One at John Wayne Airport, in Santa Ana, Calif. (AP Photo/Alex Brandon, File)


By Alex Swoyer – The Washington Times – Thursday, December 3, 2020

 トランプ大統領と共和党全国委員会(RNC)は、大統領選投票日後に2億750万ドルの献金を集めていた。

 トランプ陣営のステピエン選対本部長は「これだけの額を調達できるということは、トランプ大統領が依然、共和党のリーダーであり、エネルギーの源であること、支持者らが一般投票の正当で合法な結果のために戦う覚悟ができていることを示している」と述べた。

 献金はトランプ氏とRNC、「トランプ・ビクトリー」「トランプ・メイク・アメリカ・グレイト・アゲイン委員会」、ジョセフ・バイデン氏の勝利を覆すために設立された新たな政治活動委員会「セイブ・アメリカ」が集めたもの。・・・

(残り296文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース