情報長官、ダーラム特別検察官に政権交代前の中間報告を求める

(2020年12月11日)

Director of National Intelligence John Ratcliffe looks on as President Donald Trump presents the Presidential Medal of Freedom to former football coach Lou Holtz, in the Oval Office of the White House, Thursday, Dec. 3, 2020, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


By Valerie Richardson – The Washington Times – Sunday, December 6, 2020

 ジョン・ラトクリフ国家情報長官は6日、ロシア疑惑の捜査の発端をめぐる捜査について、民主党がバイデン政権下で捜査を握りつぶしてしまう可能性があるとして、特別検察官ジョン・ダーラム氏に中間報告の提出を求めた。

 ラトクリフ氏は、「クロスファイア・ハリケーン」として知られる2016年の連邦捜査局(FBI)の捜査に関して「米国民は完全な説明を受ける権利があるが、特別検察官は規則で、最終報告だけでなく、中間報告も出すことができる」と述べた。

 ラトクリフ氏はFOXニュースの「サンデー・モーニング・フューチャーズ」で、「これに関する中間報告を見たい。私が持っている情報機関の資料だけでなく、クロスファイア・ハリケーンに関して適切な記述がなされていないことを示す法執行機関の資料をも持っている人物の視点から見た報告が見たい。この違法なスパイ活動が始まる前、情報機関はFBIにまったく報告書を提出していないからだ」と述べた。・・・

(残り651文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース