ミシガン、ジョージアでパウエルのドミニオン訴訟は却下、相手にされず

(2020年12月14日)

Photo by: Ben Margot / Attorney Sidney Powell speaks during a rally on Wednesday, Dec. 2, 2020, in Alpharetta, Ga. (Associated Press)


By Alex Swoyer – The Washington Times – Monday, December 7, 2020

 ミシガン州の連邦地裁は7日、11月の選挙がドミニオン社と不正投票によって腐敗したと主張した訴訟を棄却した。

 トランプ派の弁護士であるシドニー・パウエル氏が提起した訴訟は、 ミシガン州東部地区連邦地裁に州の結果の認定を中止し、投票機の監査を許可するよう求めた。

 オバマ前大統領によって指名されたリンダ・パーカー裁判官は、36ページの意見書でこの要求を拒否し、訴訟は「尊厳と希望、意見を聞いてもらう期待をもって2020年の総選挙に参加した550万人以上のミシガン州民の投票権を剥奪する」という「驚くべき」救済措置を求めたと述べた。

 パーカー氏は、選挙に関する紛争を解決するための「セーフハーバー」の日付は12月8日であると指摘。各州の選挙当局がすでに結果を証明しているとして、訴訟を遅らせた原告の面目をつぶした。選挙人団は12月14日に召集される予定だ。・・・

(残り546文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース