民主党議員、中国人女性工作員と接触

(2020年12月15日)

Photo by: Kevin Dietsch / Rep. Eric Swalwell, California Democrat, argues with administration and intelligence officials who call China the greatest threat facing the U.S. (Associated Press/File)


By Bill Gertz – The Washington Times – Wednesday, December 9, 2020

 リベラル派のエリック・スウォルウェル下院議員(民主、カリフォルニア州)が、中国の情報機関、国家安全省(MSS)の工作員とみられる中国国籍保有者と接触していたとして非難されている。スウォルウェル氏は昨年、民主党の大統領候補に名乗りを上げていた。

 スウォルウェル氏は、トランプ大統領をロシアの工作員と強く非難してきた民主党議員の一人。ケーブルテレビのインタビューで頻繁に、トランプ氏はロシアのプーチン大統領の手先だと思うと主張している。

 一方で、中国を米国の脅威と見ていないことでもよく知られる。トランプ政権、情報機関は中国を米国の最大の脅威と呼んでいる。・・・

(残り843文字)

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース