ハンター・バイデン氏、連邦検事による税務捜査を認める

(2020年12月17日)

Photo by: Pablo Martinez Monsivais / Hunter Biden, former Vice President Joe Biden’s son, is shown in this undated file photo. (Associated Press/File)


By Jeff Mordock – The Washington Times – Wednesday, December 9, 2020

 バイデン次期米大統領(仮)の息子ハンター氏は9日、デラウェア州の連邦検事が自らの税金について捜査していることを明らかにした。

 バイデン氏の政権移行チームを通じて発表された声明で、ハンター氏はデラウェアの連邦検事が自身の弁護士と接触したことを認めた。だが、詳細は何も明らかにしなかった。

 声明は「この問題を非常に深刻に受け止めている。だが、これらの問題に対する専門的、客観的な調査によって、専門的な税務アドバイザーの助けを受けたことも含め、合法的で適切に業務を処理したことが証明されると確認している」としている。

 バイデン・ハリス政権移行チームは別の声明で、ハンター氏への支援を表明し、同氏を被害者と位置付けたものの、特定の案件を不当と攻撃することはなかった。

 連邦税に関する捜査は・・・

(残り935文字)

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース