バイデン氏、リベラル派との確執が表面化

(2020年12月18日)

Photo by: John Minchillo / Rep. Alexandria Ocasio-Cortez, D-N.Y., speaks during a news conference outside the United States Postal Service Jamaica station, Tuesday, Aug. 18, 2020, in the Queens borough of New York. (AP Photo/John Minchillo)


By David Sherfinski – The Washington Times – Thursday, December 10, 2020

 民主党左派の幹部らは、選挙戦中はバイデン陣営と不安定ながら協力関係にあったが、選挙が終わり、バイデン次期大統領に対する不満を募らせている。

 バーナード・サンダース上院議員(民主)は、リベラル派は今のところ、十分な数の閣僚ポストを与えられていないと不満をぶつけ、アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員(民主)は、もっと「焦点を絞った」任命をと訴えた。

 サンダース氏の2020年、2016年大統領選挙戦の顧問、ピート・ダレッサンドロ氏は、「どことなく奇妙な感じがする。守りに徹するのがいいこともある。トランプ氏の取り巻きよりはよく、ラーム・エマニュエルのような人はいない。無難というところだ」と述べた。

 「スクアッド」と呼ばれる極左議員グループのリーダー、オカシオコルテス氏は、バイデン氏は、誰のおかげで勝利したのかを忘れてはいけないと述べた。

 サンダース氏は今週、ニュースサイト「アクシオス」で、「バイデン政権では進歩派にたくさんのポストが与えられるべきだ。情報なポストをだ。今のところそうなっていない」と述べた。

 バイデン氏の人選はほとんどが、オバマ政権、・・・

(残り2007文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース