ハンター・バイデン氏を捜査、外国銀行で不審な資金の流れ

(2020年12月19日)


 バイデン次期大統領の息子、ハンター・バイデン氏は、外国銀行間での巨額の疑わしい資金の流れから利益を得ていた。司法省は2018年にハンター氏が連邦税を逃れていたかどうかをめぐる刑事捜査を開始していた。

 共和党上院議員らは、利益を受けたとみられるハンター氏の人脈を明らかにした。そこには、ロシアとウクライナのオリガルヒ(新興財閥)、中国共産党に近い実業家らが名を連ねている。9月18日の報告は、財務省の金融犯罪取り締まりネットワークに提出された疑わしい活動の報告をもとに作成された。金融機関は、マネーロンダリングや脱税の疑いのある取引を発見すると、このネットワークに報告する。

 ユタ州の連邦検事だったブレット・トルマン氏は、ハンター氏の場合のような取引は、「そのような調査の引き金となりうる」と指摘、「マネーロンダリングと脱税から始まり、拡大していくことがある」と述べた。

 報告はチャック・グラスリー上院金融委員長(共和、アイオワ州)、・・・ (残り2027文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース