ハンター・バイデン氏を捜査、外国銀行で不審な資金の流れ

(2020年12月19日)

In this Nov. 7, 2020, file photo, President-elect Joe Biden, right, embraces his son Hunter Biden, left, in Wilmington, Del. Biden’s son Hunter says he has learned from federal prosecutors that his tax affairs are under investigation. (AP Photo/Andrew Harnik, Pool)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Thursday, December 10, 2020

 バイデン次期大統領の息子、ハンター・バイデン氏は、外国銀行間での巨額の疑わしい資金の流れから利益を得ていた。司法省は2018年にハンター氏が連邦税を逃れていたかどうかをめぐる刑事捜査を開始していた。

 共和党上院議員らは、利益を受けたとみられるハンター氏の人脈を明らかにした。そこには、ロシアとウクライナのオリガルヒ(新興財閥)、中国共産党に近い実業家らが名を連ねている。9月18日の報告は、財務省の金融犯罪取り締まりネットワークに提出された疑わしい活動の報告をもとに作成された。金融機関は、マネーロンダリングや脱税の疑いのある取引を発見すると、このネットワークに報告する。

 ユタ州の連邦検事だったブレット・トルマン氏は、ハンター氏の場合のような取引は、「そのような調査の引き金となりうる」と指摘、「マネーロンダリングと脱税から始まり、拡大していくことがある」と述べた。

 報告はチャック・グラスリー上院金融委員長(共和、アイオワ州)、・・・

(残り2027文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース