バイデンは更なる野心的気候変動目標に、米軍を含めた取り組みを進めようとしている

(2020年12月23日)

President-elect Joseph R. Biden has signaled that he intends to use the federal government, including the military, to further his ambitious climate agenda. (Associated Press photograph)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Wednesday, December 16, 2020

 国防総省で気候変動が再び脚光を浴びることになる。バイデン次期政権はこの問題を国家安全保障への差し迫った脅威であり、世界中の不安定要因、そして国内外の米軍施設への脅威と位置づけている。

 アナリストや消息筋によると、国防総省に訪れようとしているこの変化は、オバマ政権時代への回帰を示している。当時、同省幹部は一貫して気候変動を軍の隅々までが対処しなければならない存在上の危機であり、中国、ロシア、イスラム過激派と同等の敵であると強く主張していた。

 民主党のジョセフ・バイデン前副大統領が1月20日に大統領に就任した後、新たな動きは、行動だけでなく、言葉や態度として現れてくるとみられる。トランプ大統領の任期中、国防総省は海面上昇や気温上昇に備えて基地を再整備し、より燃料効率の高い技術に移行したほか、気候変動が軍隊の即応性にもたらすリスクに対処するための他の多くの計画を実施した。

 しかし、こうした取り組みに対するトップからのメッセージが欠けていたと批判されている。・・・

(残り2032文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース