コロナ禍で不法移民の国外退去が大幅減

(2020年12月26日)

Expelled migrants walk in Tijuana, Mexico, on Oct. 8, 2020. President Donald Trump’s reshaping of U.S. immigration policy may be most felt in his undoing of asylum. The suspension of asylum and the introduction of “express deportations,” as migrants call them, have accelerated a shift in who’s crossing the border illegally: more Mexican men who come for economic reasons and far fewer from Central America, Africa and elsewhere who seek asylum. (AP Photo/Elliot Spagat)


By Stephen Dinan – The Washington Times – Wednesday, December 23, 2020

 国土安全保障省による移民の強制退去がこの1年間にほぼ30%減少したことが23日、明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大によって、不法に入国する移民を発見、退去させることが難しくなっていることが原因だ。

 2020年9月までの1年間に移民税関捜査局(ICE)が退去させた移民は18万5884人で、2002年以来最低、オバマ前政権時よりもトランプ政権になってそのペースは大きく落ちている。

 ICEはさらに、その間に10万3603人を逮捕したと発表したが、これも過去数年間で最低。2019年の約14万3000人から大幅に減少した。

 一方でICEは、新型コロナ感染拡大への対応に重点的に取り組んできた。

 その一環として、・・・

(残り724文字)

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース