元情報機関員がハンター・バイデン氏擁護のため党派的政治活動家に転身

(2020年12月30日)

In this Jan. 30, 2010, photo, Vice President Joe Biden, left, with his son Hunter, right, at the Duke Georgetown NCAA college basketball game in Washington. (AP Photo/Nick Wass)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Sunday, December 20, 2020

 ハンター・バイデン氏のノートパソコンの内容が10月に保守系メディアで公表されると、ワシントンの有力組織が父親のジョセフ・バイデン前副大統領支援に動いた。

 元情報高官らは、政治的な活動を開始し、バイデン陣営への支持を表明。ハンター氏のウクライナと中国からの資金の流れについてのメッセージ、父親のバイデン氏がそれを支援したという主張はロシアの企みだと訴える公開書簡に署名した。

 ロシアとこのノートパソコンとを関連付ける証拠はないものの、この主張が民主党とリベラル派メディアにとって、バイデン前副大統領がハンター氏のビジネスに影響力を行使したというスキャンダルを否定する根拠となっている。

 中央情報局(CIA)の工作員だったケント・クレズブ氏はワシントン・タイムズに、「情報機関が政治活動をしたり、元情報機関職員らが反トランプ活動に意欲的に取り組んだりなど、米国政治でこれまでなかったことであり、危険だ。もう誰にも止められない」と述べた。・・・

(残り4997文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース