プーチン氏がロシア対外情報機関を祝福、米は大規模なサイバー攻撃受ける

(2021年1月1日)

Photo by: Mikhail Klimentyev / Russian President Vladimir Putin chairs a Security Council meeting via video conference at the Novo-Ogaryovo residence outside Moscow, Russia, Friday, Dec. 18, 2020. (Mikhail Klimentyev, Sputnik, Kremlin Pool Photo via AP)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Sunday, December 20, 2020

 ロシアのプーチン大統領は20日、国益を守ったとして情報機関「対外情報庁(SVR)」の活躍を称えた。米当局者と安全保障の専門家らは、SVRが米国への大規模なサイバー攻撃を実行したと考えているが、攻撃がどの程度のものだったかはまだ、明らかになっていない。

 プーチン氏はSVR創設100周年を記念する発言の中で、サイバー攻撃には言及しなかった。ロシアは攻撃への関与を公式に否定している。プーチン氏は、SVRに謝意を表明するとともに、「専門的な活動」を称えた。

 ロイター通信によると、プーチン氏は「言っておきたいことがある。SVRが行った困難で専門的な活動を高く評価している」と述べた。

 プーチン氏はまた、・・・

(残り300文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース