市民権試験から言論・信教の自由が排除

(2021年1月3日)


 移民が今月から受け始めた市民権取得のための新たな試験には、憲法に定める自由の一つである信教の自由の権利に関する具体的な質問が盛り込まれていない。

 アルフォンソ・アギラー氏は、これは信教の自由を強く支援してきたトランプ政権にとっては衝撃的なことだと述べた。アギラー氏は、ブッシュ政権で市民権局の責任者を務め、2008年に前回の試験の改訂を監督した。

 その際に、信教の自由の問題を試験に加えるようにしたのはアギラー氏だった。米国市民になる可能性がある人々は、信教の自由が米国人の生活の中心的部分を占めていることを知っているべきだと思ったからだ。

 「これがこの政権で起きたことに驚いている。大統領は気づいていないはずだ」
 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース