銅像撤去運動を「現代の傲慢」と非難する彫刻家

(2021年1月5日)

Photo by: Steve Helber / The statue of Confederate General J.E.B. Stuart is removed from its pedestal on Monument Avenue in Richmond, Virginia, last July. A Canadian sculptor disagrees with the push to remove Confederate statues across the U.S. He calls the effort arrogant. (Associated Press Photograph)


By Stephen Dinan – The Washington Times – Monday, December 28, 2020

 何と傲慢(ごうまん)なことか。

 現代のモラルに合わないと判断された人々の記念像を撤去しようとする新たな運動が広がっているが、カナダ・オンタリオ州を拠点に活動する彫刻家のティモシー・シュマルツさんにとって、この運動を表す言葉はこれしか見つからない。

 米国では南北戦争の南軍指導者像が引き倒され、カナダでは先住民への残忍な扱いに関わった首相像が破壊されたことについて、シュマルツさんは、単に意見が異なるという問題にとどまらないと語った。自分たちの方がもっと賢く、自分たちなら違う行動を取っていた、と言っているのだ。

 それこそ思い上がりだ。

 シュマルツさんは、ワシントン・タイムズ紙の取材に・・・

(残り1128文字)

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース