スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年1月6日)


 ANALYSIS/OPINION:連邦議会がクリスマス休暇に入ろうとしていた12月初め、首都ワシントンは、カリフォルニア州選出の下院議員、エリック・スウォルウェル氏と、最近、米国とは利害が一致しない海外の大国の1人の代理人との関係をめぐって騒然となった。

 ドナルド・トランプ大統領にいろいろと言い掛かりをつけていた人たちの中でも、筆頭に挙げられる、普段はおしゃべりで、メディアとは仲良しのスウォルウェル氏は、ファン・ファン氏(クリスティーンとしても知られている)との関係については多くを語らない。連邦捜査局(FBI)によるとファン氏は、中国政府のスパイで、米国中の有望株の民主党の政治家のさまざまな人間との――そのうちの数人とは親密な――関係を培ってきた。

 彼女は、約5年前に竹のカーテンのかなたに消えたようである。だが、スウォルウェル氏はまだ、健在である――そして、いまだに、下院情報特別委員会の一員である。その委員会は、トランプ氏弾劾活動の初めの段階の策謀が行われたところである。共和党員はこれを退け、しかるべき措置を取った。しかし、彼らの訴えは耳を傾けてもらえなかった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース