スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年1月6日)

Photo by: Andrew Harnik / Rep. Eric Swalwell, D-Calif., questions Deputy Assistant Secretary of Defense Laura Cooper and State Department official David Hale as they testify before the House Intelligence Committee on Capitol Hill in Washington, Wednesday, Nov. 20, 2019, during a public impeachment hearing of President Donald Trump. (AP Photo/Andrew Harnik)


By THE WASHINGTON TIMES – – Wednesday, December 30, 2020

 ANALYSIS/OPINION:連邦議会がクリスマス休暇に入ろうとしていた12月初め、首都ワシントンは、カリフォルニア州選出の下院議員、エリック・スウォルウェル氏と、最近、米国とは利害が一致しない海外の大国の1人の代理人との関係をめぐって騒然となった。

 ドナルド・トランプ大統領にいろいろと言い掛かりをつけていた人たちの中でも、筆頭に挙げられる、普段はおしゃべりで、メディアとは仲良しのスウォルウェル氏は、ファン・ファン氏(クリスティーンとしても知られている)との関係については多くを語らない。連邦捜査局(FBI)によるとファン氏は、中国政府のスパイで、米国中の有望株の民主党の政治家のさまざまな人間との――そのうちの数人とは親密な――関係を培ってきた。

 彼女は、約5年前に竹のカーテンのかなたに消えたようである。だが、スウォルウェル氏はまだ、健在である――そして、いまだに、下院情報特別委員会の一員である。その委員会は、トランプ氏弾劾活動の初めの段階の策謀が行われたところである。共和党員はこれを退け、しかるべき措置を取った。しかし、彼らの訴えは耳を傾けてもらえなかった。

 トランプ政権で中米関係は緊張した。それは、単に、武漢風邪だけのせいではなく、・・・

(残り764文字)

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース