ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年1月8日)

Photo by: Pablo Martinez Monsivais / Hunter Biden, who is under a tax investigation in Delaware, received a list of cellphone numbers of 17 Cabinet members an 25 other top political players from Alexander S. Mackler in June 2015. (Associated Press/File)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Sunday, January 3, 2021

 バイデン家に近い政治・法律顧問のうちの1人で、その名前がハンター・バイデン氏のノートパソコンの中に登場する人物が、ジョセフ・バイデン次期大統領の司法省政権移行チームに参加している。

 ジョセフ・バイデン副大統領の次席法律顧問だったアレクサンダー・マクラー氏は、司法省がハンター氏の脱税に関する捜査を開始した当時の2018年、デラウェア州連邦検察局の検事だった。

 マクラー氏はワシントン・タイムズに、連邦検事だったころ、この件について知らなかったと表明。「ハンター・バイデン氏のプレス発表を通じて捜査が行われていたことを知った」と述べた。

 この発表とは、昨年12月9日にハンター氏が発表した声明のことだ。ハンター氏によると、デービッド・ワイス氏が局長を務めるデラウェア州連邦検察局が、ハンター氏の弁護士に、刑事捜査の対象になっていることを知らせてきた。ハンター氏は不正はしていないと述べている。

 ニューヨーク・タイムズ、CNNなどの報道によると、捜査が始められたのは2018年だという。

 マクラー氏は、2016年から2019年までデラウェア州の連邦検事補だった。

 マクラー氏はハンター氏のノートパソコンの中の大量の電子メールに登場する。・・・

(残り3277文字)

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース