バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年1月10日)

Illustration on Biden and the DOJ by Alexander Hunter/The Washington Times


By Chris Horner – – Sunday, January 3, 2021

ANALYSIS/OPINION:司法省長官人事の承認をめぐり激しい戦いも予想されるため、ジョー・バイデン次期大統領とカマラ・ハリス次期副大統領は、司法長官に政治的捜査を行うように指示したり、特定の敵を標的にすることを強く否定している。

 2020年の選挙期間中に、2人が共に強く、そして不自然なほど具体的に反対を約束しなかったならば、これは注目に値しなかっただろう。

 CNNは、バイデン氏がインタビューで次のように述べたと報じた。「私は彼らにこれすべきだ、すべきでないと言うつもりはない。『A、B、Cを起訴しなさい』と言うつもりはない。それは役割でない。私のための司法省ではなく、国民のための司法省だ」。ハリス氏も、司法省に関するバイデン氏の主張に同調し、「われわれは司法省に仕事のやり方を教えない」と述べた。

 したがって、司法省を政治利用するという彼らの明白な公約に注意を払わないでほしいというわけだ。・・・

(残り2236文字)

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース