バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年1月10日)


ANALYSIS/OPINION:司法省長官人事の承認をめぐり激しい戦いも予想されるため、ジョー・バイデン次期大統領とカマラ・ハリス次期副大統領は、司法長官に政治的捜査を行うように指示したり、特定の敵を標的にすることを強く否定している。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


企業幹部数百人が「差別的」選挙法に反対

(2021年04月22日)

バイデン氏の移民支援要請を拒否せよ

(2021年04月21日)

ニュート・ギングリッチ元下院議長「米国の文明の危機」

(2021年04月21日)

話を聞く気ある?インフラ投資法案はバイデン政権の共和党に対するテスト

(2021年04月20日)

バイデン政権のEV普及促進は中国に恩恵

(2021年04月19日)

大統領が有給、処方薬予算を提案へ-ペロシ氏

(2021年04月18日)

バイデン政権のインフラ計画でGDPと債務が減少か

(2021年04月17日)

トランプ氏のミラー元上級顧問、バイデン政権との法廷掃討に組織立ち上げ

(2021年04月16日)

「ISは滅びていない」米軍が攻撃を強化

(2021年04月16日)

ICEを守り、聖域都市と戦う 国土安保長官が強調

(2021年04月15日)
→その他のニュース