バイデン氏の気候変動政策に警鐘、甚大な環境被害

(2021年2月17日)


バイデン大統領の気候変動対策は、米国のエネルギー雇用のコストを引き上げることがすでに明らかになっているが、甚大な環境被害をもたらし、排出量の削減にも貢献しないとの見方が強まっている。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)

「気候項目なければ、取引はない!」:革新派が超党派のインフラ合意案を脅かす

(2021年06月21日)

「文化革命」を起こすことが批判的人種理論の狙い

(2021年06月20日)

バージニア州、無能な民主党候補者と怠惰なトランプ支持候補者の勝負?

(2021年06月20日)

ハッカー集団ダークサイド、新たな手法で攻撃再開

(2021年06月19日)

ハリス副大統領、不法移民を「全力で守る」

(2021年06月19日)

ポンペオ氏、コロナ起源で独立した再調査要求

(2021年06月18日)

イルハン・オマル議員の反イスラエル・反米レトリックで、下院民主党幹部会に広がる亀裂

(2021年06月18日)
→その他のニュース