テキサス州の停電は人災である

(2021年2月28日)

now begins to accumulate as San Antonio police officers gather near the Alamo, Thursday, Feb. 18, 2021, in downtown San Antonio. Snow, ice and sub-freezing weather continue to wreak havoc on the state's power grid and utilities. (AP Photo/Eric Gay)


 ANALYSIS/OPINION:テキサス州で今週、少なくとも30人の死者を出し、数百万人を極寒の闇に陥れた突発的寒波に関しては、知っておく、また、記憶しておく価値のあることが幾つかある。

 1番目に、一番重要なこと:それは、これは自然災害ではなく、テキサス州政府の判断によってもたらされた人的災害だったということである。

 当てにならないエネルギーを好むのが民主党員の特徴なのだが、風力発電に夢を託すことが、ここしばらく、超党派の悪い傾向になっていた。20年近く前、当時のペリー知事は、頼りになり、持続可能な電気事業システムより、当時、はやっており、政治的に正しかったものに、より多くの関心を持った。彼は、国を風力発電で主導していこうと決め、今日、アボット知事が同様のことをしている。

 それが重要なことなのか。その通りだ。しかも、いい意味でではない。この月曜日に風力発電は、タービンが凍結したため、その能力の約10%しか供給できず、テキサス州の送電網には、ほとんど送電できなかった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース