ポンペオ氏、中国のウイルス研究所が世界を脅している

(2021年3月2日)

In this file photo, then-Secretary of State Mike Pompeo speaks to the media prior to a meeting at the U.S. State Department on Nov. 24, 2020. (Saul Loeb/Pool via AP) (Associated Press)


 ポンペオ前米国務長官は、ウイルス研究を行っている中国研究所が複数あり、世界にとって脅威だと指摘、中国政府は新型コロナウイルスの世界的感染に責任があると主張した。
 ポンペオ氏と、国務省でアジア政策の立案を担っていたマイルズ・ユ氏はコラムで、「新型コロナが武漢で発生したことを示す証拠は、ほとんどが状況証拠ではあるが、無数にある。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の移民支援要請を拒否せよ

(2021年04月21日)

ニュート・ギングリッチ元下院議長「米国の文明の危機」

(2021年04月21日)

話を聞く気ある?インフラ投資法案はバイデン政権の共和党に対するテスト

(2021年04月20日)

バイデン政権のEV普及促進は中国に恩恵

(2021年04月19日)

大統領が有給、処方薬予算を提案へ-ペロシ氏

(2021年04月18日)

バイデン政権のインフラ計画でGDPと債務が減少か

(2021年04月17日)

トランプ氏のミラー元上級顧問、バイデン政権との法廷掃討に組織立ち上げ

(2021年04月16日)

「ISは滅びていない」米軍が攻撃を強化

(2021年04月16日)

ICEを守り、聖域都市と戦う 国土安保長官が強調

(2021年04月15日)

バイデン大統領、ロシアとの対立の中で、ウクライナ支援を確認

(2021年04月14日)
→その他のニュース