サラ・ペイリン、上院選でリサ・ムルカワスキ―の対抗馬を視野、弾劾投票後に

(2021年3月3日)

AP Photo/Brynn Anderson


 アラスカ州の共和党関係者は、リーサ・ムルカワスキ―上院議員への予備選挙の対抗馬として、保守派運動「ティーパーティー」支持者の間で人気の高いサラ・ペイリン元知事に目を向けている。ムルカワスキ―氏は、ドナルド・トランプ前大統領への2回目の弾劾裁判で有罪に賛成票を投じたことで、ティーパーティー支持者の反発を買った。

 トランプ氏の有罪に賛成した7人の共和党上院議員のうち、2022年に再選を目指すのはムルカワスキ―氏だけだ。

 それによって、3期目の上院議員である同氏は、大きな標的となっている。

 しかし、同州の共和党指導者たちのムルカワスキ―氏に対する不満は、弾劾裁判に賛成票を投じたことに限られない。彼らはまた、ムルカワスキー氏の妊娠中絶賛成の立場や反トランプのレトリックに苛立っている。保守派は、同氏を別の候補と交代すべき理由として、最高裁判所のブレット・カバノー判事の承認に反対したことや医療保険制度改革法(オバマケア)への支持を挙げている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース