バイデン氏、アマゾンの労組加入を支援「声を上げよう」

(2021年3月8日)

AP Photo/Pablo Martinez Monsivais


 ネット通販最大手アマゾンのアラバマ州の施設の従業員が、労働組合に加入するかどうかを検討していることを受けて、バイデン大統領は、同州など全米の労働者に「声を上げる」よう呼び掛けた。

 バイデン氏は28日夜にインターネットに投稿された動画で「きょう、今後数日間、数週間に、アラバマ州、全米の労働者らが、職場に労組を作るかどうかをめぐって投票する。非常に重要なことだ。非常に重要な選択だ」と訴えた。

 「脅しも、脅迫も、反労組プロパガンダもあってはならない。全労働者は、労組に加入するかどうかを自由に、公平に決める権利がある。…声を上げよう」

 今月に入って、アラバマ州ベセマーのアマゾン従業員は、2014年以降初めて労組加入への本格的活動を開始した。従業員らは「小売り・卸売り・デパート労組(RWDSU)」に加入するかどうかを郵便で投票する。

 アマゾンは投票を遅らせるよう要請したが、「全米労働関係委員会(NLRB)」はこれを拒否した。アマゾン側は直接投票することを求め、郵便では投票できない人が出る可能性があると指摘してきた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース