中国はワクチンを武器として利用して米国を追いやろうとしている

(2021年3月13日)

Associated Press/File


 バイデン米政権は、世界の舞台で中国に戦略的に対抗すると述べているが、中国はすでに新型コロナウイルスのワクチンを必要としている国に戦略的に提供することで、友好国と影響力を獲得するためのソフトパワーの戦いで優位な立場を得ている。

 先進国が貴重なワクチンを買いだめしているとの不満が高まる中、中国は45か国以上に約5億回分のワクチン接種を約束することで国際的な注目を集め、ロシアとインドも世界中にワクチンを出荷することを競っている。

 この競争は米国のすぐ近くでも起きている。南部の国境を越えたメキシコでは、パンデミックとの戦いのため、中国とロシアのワクチンを受け入れた。

 一部の科学者の間では、中国製薬大手のシノバックとシノファームが開発したワクチンの有効性に対する疑問が広がっている。こうした専門家は、バイデン政権が米国民に十分な量を確保する前に、米国製ワクチンを他国に提供しないことは賢明だと主張している。しかし、他の人々は、中国がパンデミックを利用して西側諸国に対して冷戦式のプロパガンダ上の勝利を獲得している間、政権は責任を怠っていると指摘する。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース