2兆ドルのインフラ整備を単独で進める民主党

(2021年3月25日)

Rep. Peter DeFazio, D-Ore., speaks during a House Transportation Committee hearing on Capitol Hill in Washington, Wednesday, May 15, 2019, on the status of the Boeing 737 MAX aircraft. (AP Photo/Susan Walsh)


 議会民主党は、インフラ整備で、幹線道路、橋を建設するだけでなく、グリーン・ニュー・ディール型の輸送、エネルギー、経済全体の変革を進めようとしている。

 下院輸送・インフラ委員会のピーター・デファジオ委員長(民主、オレゴン州)は、「グリーン(環境に優しく)になり、ビッグになる」と述べた。

 最終的なプランが議会を通過するのは秋以降になるが、予算額は2兆㌦を超える見通し。そのほとんどは、道路、橋、公共交通機関の更新に充てられる。

 だが、このインフラ整備計画で最も野心的な取り組みは、気候変動対策になりそうだ。

 デファジオ氏は、グリーン・ニュー・ディールによる米経済の環境面での大改革に意欲的に取り組んできた。インフラ整備法案を作成した輸送・インフラ委員会で、2050年までに二酸化炭素排出ゼロを目指す意向のようだ。この目標は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」で定められたもので、バイデン大統領も支持している。

 これには共和党が強く反発しているが、民主党は、特別な規則を利用して、超党派の賛成を得ることなく上院で法案を通過させようとしている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース