バイデン政権、パイプラインの気候変動へのリスク評価を開始

(2021年3月26日)

In this Aug. 21, 2017, workers make sure that each section of the Enbridge replacement Line 3 that is joined passes muster in Superior, Wisc.(Richard Tsong-Taatarii /Star Tribune via AP)


 バイデン政権は18日、石油・天然ガスパイプライン計画を承認するかどうかをめぐって、新設のパイプラインがどの程度、気候変動に寄与するかの評価を開始する。

 連邦エネルギー規制委員会(FERC)が18日の会議で発表した。会議には、バイデン大統領がFERC委員長に指名したリチャード・グリック氏が参加し、気候変動を考慮に入れなければ、「公共の利益」に適切に対処することはできないと主張した。

 バイデン氏が今年に入ってFERC委員長に指名したグリック氏は、「提案されているパイプラインが気候変動問題にどの程度寄与するかは、環境に非常に大きな影響を及ぼす」と述べた。

 エネルギー政策を主導する政府機関の一つFERCは、石油と天然ガスのパイプライン輸送を管理している。そのため、複数の州にまたがる天然ガスパイプラインを建設すべきかどうかに関して決定する権限を与えられている。

 気候変動へのパイプラインの寄与を評価するというFERCの決定は、この4年間の方針からの転換となる。トランプ前大統領のもとで、国内のエネルギー生産を促進するために、政府によるエネルギー規制は緩和されてきた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース