バイデン、5月1日のアフガニスタン撤退は「タフ」と発言

(2021年3月27日)

Security personnel inspect the site of a bomb attack in Kabul, Afghanistan, Monday, March 15, 2021. (AP Photo/Rahmat Gul)


 バイデン米大統領は17日、アフガニスタンに駐留する米軍が5月1日の撤退期限後も引き続き留まることをこれまでで最も明確に示唆した上で、トランプ前大統領が反政府武装勢力タリバンとの杜撰な合意を結び、永続的な政治的解決への道筋をつけることに失敗したとして非難した。

 バイデン氏の率直な発言は、今後のアフガニスタン政策についての考えを最初に垣間見せたものであり、決定的な瞬間を迎える中でなされた。暴力行為はアフガニスタン全体で驚くほど高い水準で続いており、米高官は、米国が支援するアフガニスタン政府が、20年間におよぶイスラム教徒の反乱を単独で打ち負かす見込みはまだほとんどないと警告している。

 米国とタリバン、アフガニスタン政府、他の利害関係国の主要な当局者が、行き詰まった和平プロセスを救うための最後の取り組みのため、18日にロシアで会合する。バイデン氏は17日、その会合に先立って期待値を下げているようであり、最良のシナリオでさえ、米国の完全撤退の5月1日の期限を満たすことは非常に難しいと示唆した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース