バイデン、5月1日のアフガニスタン撤退は「タフ」と発言

(2021年3月27日)

Security personnel inspect the site of a bomb attack in Kabul, Afghanistan, Monday, March 15, 2021. (AP Photo/Rahmat Gul)


 バイデン米大統領は17日、アフガニスタンに駐留する米軍が5月1日の撤退期限後も引き続き留まることをこれまでで最も明確に示唆した上で、トランプ前大統領が反政府武装勢力タリバンとの杜撰な合意を結び、永続的な政治的解決への道筋をつけることに失敗したとして非難した。
 バイデン氏の率直な発言は、今後のアフガニスタン政策についての考えを最初に垣間見せたものであり、決定的な瞬間を迎える中でなされた。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン政権のインフラ計画でGDPと債務が減少か

(2021年04月17日)

トランプ氏のミラー元上級顧問、バイデン政権との法廷掃討に組織立ち上げ

(2021年04月16日)

「ISは滅びていない」米軍が攻撃を強化

(2021年04月16日)

ICEを守り、聖域都市と戦う 国土安保長官が強調

(2021年04月15日)

バイデン大統領、ロシアとの対立の中で、ウクライナ支援を確認

(2021年04月14日)

ハンター・バイデン氏、問題のパソコンは自分のものかもしれない

(2021年04月13日)

バイデン氏、大規模増税で経済は「改善」する

(2021年04月12日)

共和党議員ではなく共和党支持者に呼びかけるバイデン大統領

(2021年04月11日)

ブティジェッジ氏:走行距離税の「可能性が高い」

(2021年04月10日)

NATO外相会議 ロシアのパイプラインで米独、依然対立

(2021年04月09日)
→その他のニュース