アラスカ会談で米中が激突

(2021年3月28日)

In this March 3, 2021, Secretary of State Antony Blinken speaks on foreign policy at the State Department in Washington. (Andrew Caballero-Reynolds/Pool via AP)


 バイデン政権の高官らは18日、アラスカ州で中国高官らと対決し、互いに世界的覇権を目指している、国際秩序を破壊していると非難し合った。
 アントニー・ブリンケン国務長官は、2人の中国高官が率いる代表団に、米国は拡大する中国の拡張主義、新疆、香港、南シナ海などでの全体主義に対抗し、依然として続く米国企業へのサイバー攻撃に対して罰を科すことをはっきりと伝えた。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン政権のインフラ計画でGDPと債務が減少か

(2021年04月17日)

トランプ氏のミラー元上級顧問、バイデン政権との法廷掃討に組織立ち上げ

(2021年04月16日)

「ISは滅びていない」米軍が攻撃を強化

(2021年04月16日)

ICEを守り、聖域都市と戦う 国土安保長官が強調

(2021年04月15日)

バイデン大統領、ロシアとの対立の中で、ウクライナ支援を確認

(2021年04月14日)

ハンター・バイデン氏、問題のパソコンは自分のものかもしれない

(2021年04月13日)

バイデン氏、大規模増税で経済は「改善」する

(2021年04月12日)

共和党議員ではなく共和党支持者に呼びかけるバイデン大統領

(2021年04月11日)

ブティジェッジ氏:走行距離税の「可能性が高い」

(2021年04月10日)

NATO外相会議 ロシアのパイプラインで米独、依然対立

(2021年04月09日)
→その他のニュース