アラスカ会談で米中が激突

(2021年3月28日)

In this March 3, 2021, Secretary of State Antony Blinken speaks on foreign policy at the State Department in Washington. (Andrew Caballero-Reynolds/Pool via AP)


 バイデン政権の高官らは18日、アラスカ州で中国高官らと対決し、互いに世界的覇権を目指している、国際秩序を破壊していると非難し合った。

 アントニー・ブリンケン国務長官は、2人の中国高官が率いる代表団に、米国は拡大する中国の拡張主義、新疆、香港、南シナ海などでの全体主義に対抗し、依然として続く米国企業へのサイバー攻撃に対して罰を科すことをはっきりと伝えた。

 ブリンケン氏は、「これらの行動はどれも、世界の安定を維持するルールベースの秩序を脅かしている。単に中国の国内だけの問題ではなく、きょうここでこの問題を取り上げなければならないと考えたのはそのためだ」と述べた。

 外交を担当する中国の楊潔●(=竹かんむりに厂の中を虎に)共産党政治局員はこれに対抗し、米政府が中国を「抑えつけ」られなくなる時が来ると警告した。

 会談は、ブリンケン氏とジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)の2人が率いる米国の代表団と、楊氏と王毅外相が率いる中国側代表団との間で行われた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース