バイデン氏の「人殺し」発言でトルコがロシアを支持

(2021年3月29日)

Turkey's Recep Tayyip Erdogan applauds as he listens to Russia's President Vladimir Putin(Turkish Presidency via AP, Pool)


 トルコのエルドアン大統領は19日、米国と激しく対立するロシアへの支持を明らかにし、ロシアのプーチン大統領は人殺しと主張したバイデン大統領は、世界の指導者として「ふさわしくない」と訴えた。

 エルドアン氏の発言は、バイデン氏が今週、ABCニュースでしたとっさの発言で、すでに対立が激化していた米ロ関係がいっそう悪化する可能性を示唆している。

 スプートニク・トルコなど地域のニュースメディアによると、エルドアン氏は、「バイデン氏のプーチン氏に関する発言は、大統領にふさわしくない。プーチン氏は、非常に賢明で、的確な返答をし、すべきことをした」と述べた。

 エルドアン氏が米国を非難することで、ともに北大西洋条約機構(NATO)の同盟国である両国の緊迫し、複雑な関係に新たに注目が集まっている。米国は2019年、トルコを戦闘機F35開発計画から外した。トルコ政府がロシア製のミサイル防衛システムS400を導入したからだ。

 国防当局者らは、この二つのシステムは互換性がなく、一緒に使用すればF35の安全が損なわれる可能性があると指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース