移民を北部に移送か、バイデン政権「すべての選択肢はテーブルの上」

(2021年3月31日)

In this March 1, 2021, photo, Homeland Security Secretary Alejandro Mayorkas speaks during a press briefing at the White House in Washington. (AP Photo/Andrew Harnik)


 アレハンドロ・マヨルカス国土安全保障長官は21日、メキシコと中米からの移民の急増に対処するため、北部国境に移送する計画は今のところないが、「すべての選択肢がテーブルの上にある」と述べた。

 マヨルカス氏はCNNの「ステート・オブ・ザ・ユニオン」で「今のところそのような計画はない。しかし、すべての選択肢について検討し、責務を果たすことが私たちの仕事だ。法律に則って責任を果たすとともに、人道的な価値観と原則を守ってこれらの選択肢を実行している」と述べた。

 この発言は、ワシントン・ポスト紙の19日の報道を受けたもの。ポスト紙は、大量の移民が押し寄せ、対処できなくなる可能性があるとして、税関・国境警備局(CBP)が、飛行機を使って、カナダ国境の施設に移民を移送するよう要請したと報じた。

 CNNの司会者ダナ・バッシュ氏が、トランプ政権は国境の施設を報道陣に開放したと指摘し、取材を認めるよう求めた。マヨルカス氏は、いつ報道陣が国境を取材できるようになるのかを明確にせず、新型コロナウイルスの感染拡大と「満員の」収容施設について言及した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース