バイデン氏、移民急増めぐる交渉にハリス氏起用

(2021年4月4日)

Vice President Kamala Harris meets with President Joe Biden, Health and Human Services Secretary Xavier Becerra and Homeland Security Secretary Alejandro Mayorkas in the State Dining Room of the White House, Wednesday, March 24, 2021, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン大統領は24日、国境で不法移民が急増し「深刻な」事態となっていることを認め、ハリス副大統領に対応するよう命じた。

 ハリス氏にとっては初めての注目度の使い任務であり、移民の流入を止め、中米の国家建設というバイデン氏の長期的目標に取り組む道を模索する。バイデン氏は、中米諸国の人々が国を出る要因を緩和することを求めている。増加した移民の大部分は、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラスからだ。

 バイデン氏は、ハリス氏がカリフォルニア州司法長官だったことを指摘しながら、「(国際的な交渉に)これ以上ふさわしい人物は思いつかない」と述べた。

 ハリス氏は副大統領就任前、4年間、上院議員も務めていた。1980年代から政権を悩ませてきた問題に取り組む。

 この任務の二重の目的の達成に自信を示した。

 「今、国境に来るべきではないことははっきりしている。法を執行しなければならず、大統領が言っているように、人々を米国に向かわせている根本原因にも対処しなければならない。ガムを噛みながら歩くということだ」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース