NATO外相会議 ロシアのパイプラインで米独、依然対立

(2021年4月9日)

U.S. Secretary of State Antony Blinken delivers an address after a meeting of NATO foreign ministers at NATO headquarters in Brussels on Wednesday, March 24, 2021. (AP Photo/Virginia Mayo, Pool)


 バイデン大統領の就任を受けて、米・欧州連合(EU)関係が改善し、首脳会議でも楽観的な空気が漂う中、ロシアの天然ガスをドイツに直接供給するパイプライン「ノルドストリーム2」が依然として両者の間の障害となっている。
 ブリンケン国務長官は24日にブリュッセルで行われた2日間の北大西洋条約機構(NATO)外相会議の終盤で記者団に、米政府は、ドイツ政府が、ロシアのエネルギー大手ガスプロムとの110億㌦のパイプライン建設計画を進めれば、制裁を科すという方針に変わりはないと述べた。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン政権のインフラ計画でGDPと債務が減少か

(2021年04月17日)

トランプ氏のミラー元上級顧問、バイデン政権との法廷掃討に組織立ち上げ

(2021年04月16日)

「ISは滅びていない」米軍が攻撃を強化

(2021年04月16日)

ICEを守り、聖域都市と戦う 国土安保長官が強調

(2021年04月15日)

バイデン大統領、ロシアとの対立の中で、ウクライナ支援を確認

(2021年04月14日)

ハンター・バイデン氏、問題のパソコンは自分のものかもしれない

(2021年04月13日)

バイデン氏、大規模増税で経済は「改善」する

(2021年04月12日)

共和党議員ではなく共和党支持者に呼びかけるバイデン大統領

(2021年04月11日)

ブティジェッジ氏:走行距離税の「可能性が高い」

(2021年04月10日)

石油大手、厳しい環境規制回避へ、炭素税を受け入れ

(2021年04月08日)
→その他のニュース