ブティジェッジ氏:走行距離税の「可能性が高い」

(2021年4月10日)

In this March 4, 2021, file photo, President Joe Biden and Transportation Secretary Pete Buttigieg, right, meet with Vice President Kamala Harris and members of the House of Representatives in the Oval Office of the White House in Washington, on infrastructure. (AP Photo/Andrew Harnik, File)


 ブティジェッジ運輸長官は3月26日、バイデン大統領が、3兆ドルを超えるとみられるインフラ整備計画の予算捻出のために「走行距離税」を導入することを検討していると明らかにした。

 ブティジェッジ氏はCNBCで走行距離税について「可能性は高いと思っている」と述べた。

 「いわゆる受益者負担の原則、つまり、道路のために使われる費用の一部を、どれだけ運転したかを基に道路の使用者が支払うことを支持するとすれば、ガソリン税はこれまで、適切な方法だった。だが、今は違う、自動車走行距離税が、呼び方はいろいろあると思うが、適切な方法だ」

 ブティジェッジ氏は、ガソリン税は時代遅れになっていると指摘した。気候変動と戦うため電気自動車へとシフトしているからだ。

 バイデン氏は来週、インフラ整備計画と国内の計画に関する3兆㌦の法案を公表するとみられ、3月25日の就任後初の記者会見で、この計画で「実入りのいい仕事」が大幅に増えると主張した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース