共和党議員ではなく共和党支持者に呼びかけるバイデン大統領

(2021年4月11日)

President Joe Biden speaks during an event on COVID-19 vaccinations and the response to the pandemic, in the South Court Auditorium on the White House campus, Monday, March 29, 2021, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン米大統領とその側近は、超党派政治の意味を独自に再定義している。

 米国の第46代大統領であるバイデン氏は、連邦議会で共和党の票を獲得するよりも、同党の有権者の支持を得ることに多くの力を投入していることを明らかにしている。

 民主党コンサルタントであるジム・マンリー氏は、「大統領が自らの政策が有権者にどれほど人気があるかを示すことで、共和党議員の孤立を図ることは、上手いやり方だと思う」と述べた。その上で「これは予想外だったが、バイデン氏は、連邦議会で共和党議員の支持を獲得する努力に時間を無駄にできないことを賢く理解している」と指摘した。

 マンリー氏は「政策を宣伝する従来の方法からの興味深い発想の転換だ。現実には、共和党のミッチ・マコーネル上院院内総務と取引は結べない。少なくとも民主党が受け入れ可能な取引は」と語った。

 一方、共和党は、バイデン政権が2020年の選挙の結果を読み違えていると警告している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース