バイデン氏、大規模増税で経済は「改善」する

(2021年4月12日)

Photo by: Andrew Harnik President Joe Biden speaks about the March jobs report in the State Dining Room of the White House, Friday, April 2, 2021, in Washington. (AP Photo/Andrew Harnik)


 バイデン大統領は2日、3月の雇用統計の改善を受けて、すぐに勝利を宣言したが、雇用の増加にもかかわらず、大規模増税を伴う何兆ドルものインフラ整備計画推進に変わりはないようだ。

 バイデン氏はホワイトハウスで「調査が示しているように、増税しても経済はまったく減速しない。経済がよく機能するようになる」と述べた。

 バイデン氏は、3月に就業者が91万6000人増加し、失業率が6.2%から6%へと改善したことを強調。これは、1兆9000億ドルの新型コロナウイルス経済対策が一因だと主張した。この経済対策は、今月に入って成立、ほとんどの世帯に1400ドルが給付された。

 バイデン氏は、雇用統計は、発足2カ月で歴史上のどの政権よりも大きな雇用を創出したことを意味すると主張した。

 バイデン氏は「それでもまだ、道のりは長い」と述べ、提案しているインフラ整備計画で経済をもっと活性化すると訴えた。また、感染拡大で失われた840万の雇用がまだ戻っておらず、インフラ整備によって1900万の雇用を創出すると述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース