バイデン大統領、ロシアとの対立の中で、ウクライナ支援を確認

(2021年4月14日)

President Joe Biden responds to a question after speaking about the March jobs report in the State Dining Room of the White House, Friday, April 2, 2021, in Washington. (AP Photo/Andrew Harnik)


 バイデン米大統領は、ウクライナとロシアの関係が緊迫する中、同国のウォロディミル・ゼレンスキー大統領に支援を約束した。

 ホワイトハウスによると、バイデン氏はゼレンスキー氏との2日の電話会談で「ドンバスとクリミアにおいてロシアの侵略に直面するウクライナの主権と領土保全に対する米国の揺るぎない支持を確認」した。

 バイデン氏はまた、「われわれの共有する民主的価値観に基づき汚職問題に取り組み、人々に正義、安全、繁栄もたらす改革を実行するゼレンスキー大統領の計画を支援するための戦略的パートナーシップを活性化する約束」を表明した。

 2020年の大統領選でバイデン氏は、トランプ前大統領や共和党から、副大統領時の対ウクライナ関係の扱いをめぐって激しい批判に直面した。

 当時オバマ政権におけるウクライナ政策の責任者として、バイデン氏は汚職で告発されたヴィクトル・ショーキン検事総長の解任を求める圧力の一環として、同国への外国援助を差し控えると脅した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース