ICEを守り、聖域都市と戦う 国土安保長官が強調

(2021年4月15日)

President-elect Joe Biden's Homeland Security Secretary nominee Alejandro Mayorkas speaks at The Queen theater, Tuesday, Nov. 24, 2020, in Wilmington, Del. (AP Photo/Carolyn Kaster)


 国土安全保障省のアレハンドロ・マヨルカス長官は、移民税関捜査局(ICE)との協力を拒否している「聖域都市」と対決する用意があり、国境を越える不法移民の刑事訴追を増やす意向だと表明した。
 その上で、ICEを廃止、分割する案を否定、バイデン大統領周辺の一部から出ている、ICE完全廃止要求を拒否した。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン政権高官、マスク強制に再び回帰することを考えている

(2021年07月27日)

米大リーグでドラフト指名された正統派ユダヤ教徒は安息日もプレーするのか

(2021年07月25日)

コロナ関連死で子供150万人が保護者失う

(2021年07月24日)

「オバマ政権と変わらない」:バイデンのレッドラインを無視するハッカー

(2021年07月24日)

DACA違法判決受け、不法移民保護を急ぐ民主党

(2021年07月23日)

シューマー院内総務、8月休会までのインフラ法案成立目指し、民主党員に圧力

(2021年07月22日)

ぬかるみの内国歳入庁に出す金はない

(2021年07月21日)

バイデン氏、共産主義は「失敗した体制」

(2021年07月21日)

米政府のイラン核合意復帰を阻止すべく米議会議員に圧力かけるイスラエル

(2021年07月20日)

米海軍を悩ます造船産業の衰退、中国との競争の足枷に

(2021年07月18日)
→その他のニュース