「ISは滅びていない」米軍が攻撃を強化

(2021年4月16日)

In this March 31, 2019 file photo, women speak to guards at the gate that closes off the section for foreign families who lived in the Islamic State's so-called caliphate, at Al-Hol camp in Hasakeh province, Syria. Killings have surged inside the camp with at least 20 men and women killed in January, 2021. They are believed to be the victims of IS militants trying to enforce their power inside the camp housing 62,000 people, mostly women and children. (AP Photo/Maya Alleruzzo, File)


 国防総省は、2年前に「支配地を殲滅した」と宣言した過激派組織「イスラム国」(IS)に対する攻撃を強化しており、米国と同盟国によるISの恒久的殲滅への戦略が適切だったのかどうかをめぐって疑問が生じている。
 米国主導の中東の連合軍は勝利し、ISが絶頂期に支配していた広大な「カリフ国家」を壊滅に追い込んだが、ISの思想への支持は続いており、ISの台頭を許した現地の状況も変わってはいない。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


対北政策、米朝共同声明をベースに-デトラニ氏、「戦略的忍耐」は失敗

(2021年05月07日)

就任100日、左傾化強めるバイデン政権

(2021年05月07日)

民主党主導の州に有利な国勢調査結果、共和が警戒

(2021年05月06日)

バイデンのあまりに無責任な国境管理

(2021年05月05日)

バイデン氏、国防総省の予算を使った前政権の国境の壁建設を中止

(2021年05月03日)

FDA、メントールたばこ禁止へ

(2021年05月02日)

ハリス氏、移民急増は「一夜では解決しない」

(2021年05月02日)

バイデン大統領、アルメニア人に対する過去の大量虐殺を認識、トルコ政府による怒りは必至

(2021年05月01日)

中国、何百人もの米科学者に不正に圧力

(2021年04月30日)

バイデン大統領、初の外遊で英・ベルギー訪問へ

(2021年04月29日)
→その他のニュース