「ISは滅びていない」米軍が攻撃を強化

(2021年4月16日)

In this March 31, 2019 file photo, women speak to guards at the gate that closes off the section for foreign families who lived in the Islamic State's so-called caliphate, at Al-Hol camp in Hasakeh province, Syria. Killings have surged inside the camp with at least 20 men and women killed in January, 2021. They are believed to be the victims of IS militants trying to enforce their power inside the camp housing 62,000 people, mostly women and children. (AP Photo/Maya Alleruzzo, File)


 国防総省は、2年前に「支配地を殲滅した」と宣言した過激派組織「イスラム国」(IS)に対する攻撃を強化しており、米国と同盟国によるISの恒久的殲滅への戦略が適切だったのかどうかをめぐって疑問が生じている。
 米国主導の中東の連合軍は勝利し、ISが絶頂期に支配していた広大な「カリフ国家」を壊滅に追い込んだが、ISの思想への支持は続いており、ISの台頭を許した現地の状況も変わってはいない。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


敵国へのエネルギー依存に向かうバイデン氏

(2021年07月28日)

バイデン政権高官、マスク強制に再び回帰することを考えている

(2021年07月27日)

米大リーグでドラフト指名された正統派ユダヤ教徒は安息日もプレーするのか

(2021年07月25日)

コロナ関連死で子供150万人が保護者失う

(2021年07月24日)

「オバマ政権と変わらない」:バイデンのレッドラインを無視するハッカー

(2021年07月24日)

DACA違法判決受け、不法移民保護を急ぐ民主党

(2021年07月23日)

シューマー院内総務、8月休会までのインフラ法案成立目指し、民主党員に圧力

(2021年07月22日)

ぬかるみの内国歳入庁に出す金はない

(2021年07月21日)

バイデン氏、共産主義は「失敗した体制」

(2021年07月21日)

米政府のイラン核合意復帰を阻止すべく米議会議員に圧力かけるイスラエル

(2021年07月20日)
→その他のニュース