バイデン政権のEV普及促進は中国に恩恵

(2021年4月19日)

President Biden wants 500,000 charging stations installed across the country to fuel electric cars that are “made in America,” but the lack of domestically produced rare earth minerals required for such an endeavor would make the U.S. heavily reliant on China. (Associated Press)


 バイデン大統領は、電気自動車(EV)の普及を促進させようとしているが、これは中国にとって恩恵となり、米国の共産中国への依存を高めることになる。

 中国は、最新の充電池生産、充電池の生産に欠かせない希少鉱物の採掘で世界をリードしている。

 ホワイトハウスは、議会民主党と協力してインフラ整備法案に「米国製」EV予算1740億㌦を盛り込もうとしている。そのうちの少なくとも400億㌦は、全国の充電スタンド設置に充てられる。

 バイデン氏は最近、「この国のための計画を提案する。…経済を成長させ、世界での競争力を強め、国家安全保障を強化し、中国との世界での競争に勝てるようにするための計画だ」と述べた。

 しかし、専門家らは、EV普及促進は、共産主義の大国にとって警告というよりも、利益になるとみている。

 エネルギー研究所の上級研究員ダン・キッシュ氏は、「現在、中国はEV用充電池の生産で世界一だ。(ガソリン車から)EVへのシフトを可能にするには、米国の自動車メーカーは大量の資源と技術を輸入する必要があるが、それらは中国が支配している」と述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース