ウォークな企業と戦う保守派「政治にかかわるな」

(2021年4月23日)

Sen. Rand Paul, R-Ky., listens during a virtual Senate Committee for Health, Education, Labor, and Pensions hearing, Tuesday, May 12, 2020 on Capitol Hill in Washington. (Toni L. Sandys/The Washington Post via AP, Pool)


 保守派と財界は味方同士だったが、左派の権利擁護団体の影響を受けたウォーク(社会的、政治的問題に敏感)な企業が台頭してきたことで、右派は反発を強め、企業に、社会的・政治的活動に積極的に取り組むアクティビズム(積極行動主義)をやめさせるために意欲的に行動するようになった。
 ジョージア州の新選挙法に企業が反旗を翻したことがさらに拍車をかけ、トランプ前大統領、ランド・ポール上院議員ら有力共和党員らはこれら企業へのボイコットを呼び掛け、保守派がCEOらに文化的、政治的扇動を辞めさせる活動を開始した。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


敵国へのエネルギー依存に向かうバイデン氏

(2021年07月28日)

バイデン政権高官、マスク強制に再び回帰することを考えている

(2021年07月27日)

米大リーグでドラフト指名された正統派ユダヤ教徒は安息日もプレーするのか

(2021年07月25日)

コロナ関連死で子供150万人が保護者失う

(2021年07月24日)

「オバマ政権と変わらない」:バイデンのレッドラインを無視するハッカー

(2021年07月24日)

DACA違法判決受け、不法移民保護を急ぐ民主党

(2021年07月23日)

シューマー院内総務、8月休会までのインフラ法案成立目指し、民主党員に圧力

(2021年07月22日)

ぬかるみの内国歳入庁に出す金はない

(2021年07月21日)

バイデン氏、共産主義は「失敗した体制」

(2021年07月21日)

米政府のイラン核合意復帰を阻止すべく米議会議員に圧力かけるイスラエル

(2021年07月20日)
→その他のニュース