進歩派、「もっと大胆な」気候変動対策を バイデン氏に要求

(2021年4月24日)

ep. Alexandria Ocasio-Cortez speaks during a news conference in the Queens borough of New York, Monday, Feb. 8, 2021. Ocasio-Cortez was talking about a federal program that will help families pay for funeral costs during the economic downturn caused by the pandemic. (AP Photo/Seth Wenig)


 極左の進歩派が20日、気候変動対策「グリーン・ニュー・ディール」の推進を再開。

 バイデン大統領が提案している2兆2500億㌦に及ぶ野心的なインフラ・エネルギー法案を「もっと大きく、大胆」にするよう訴えている。

 民主党のアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員(ニューヨーク州)は、「バイデン政権に、もっと大きく、もっと大胆にすべきだというメッセージを送るつもりかと言われれば、答えは間違いなくイエスだ」と述べた。

 オカシオコルテス氏は2019年にエドワード・マーキー上院議員(民主、マサチューセッツ州)とともに、グリーン・ニュー・ディール計画を作成した。当時、計画はメディアから大きな注目を受けたものの、共和党が上院を支配し、トランプ大統領が在職中だったことから、進展することはなかった。

 今は議会の両院と大統領職を民主党が握っており、マーキー氏は、潮目が変わったと強調した。

 「この2年間で、グリーン・ニュー・ディールは単なる解決策でなく、革命であることがはっきりした。大胆に行動し、大胆に考え、直面している問題の規模にふさわしい計画を立て、公正に実行すべき時だと思っている」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース