「存続にかかわる」脅威ではない:政権と情報機関で気候変動への認識に差

(2021年4月28日)

Director Avril Haines of the Office of the Director of National Intelligence (ODNI) testifies during a House Intelligence Committee hearing on Capitol Hill in Washington, Thursday, April 15, 2021. (Tasos Katopodis/Pool via AP)


 米政府の情報分析官らは、バイデン大統領・政権が気候変動の脅威を強く主張していることに反発、地球温暖化からの「直接」「間接」の危険というあいまいな表現を使っている。
 バイデン氏は20日、約40カ国の指導者らとオンラインで会議を開催し、21日には気候変動に焦点を絞って話し合う。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


対北政策、米朝共同声明をベースに-デトラニ氏、「戦略的忍耐」は失敗

(2021年05月07日)

就任100日、左傾化強めるバイデン政権

(2021年05月07日)

民主党主導の州に有利な国勢調査結果、共和が警戒

(2021年05月06日)

バイデンのあまりに無責任な国境管理

(2021年05月05日)

バイデン氏、国防総省の予算を使った前政権の国境の壁建設を中止

(2021年05月03日)

FDA、メントールたばこ禁止へ

(2021年05月02日)

ハリス氏、移民急増は「一夜では解決しない」

(2021年05月02日)

バイデン大統領、アルメニア人に対する過去の大量虐殺を認識、トルコ政府による怒りは必至

(2021年05月01日)

中国、何百人もの米科学者に不正に圧力

(2021年04月30日)

バイデン大統領、初の外遊で英・ベルギー訪問へ

(2021年04月29日)
→その他のニュース