中国、何百人もの米科学者に不正に圧力

(2021年4月30日)

In this file photo dated Thursday, March 11, 2021, Chinese President Xi Jinping applauds during the closing session of the National People's Congress in Beijing. (AP Photo/Sam McNeil, File)


 米連邦政府の資金提供を受けていた科学者500人以上が、中国などから不正に圧力を受けていたとして調査を受けていることを、国立衛生研究所(NIH)が22日、明らかにした。

 NIH当局者は上院委員会で、中国が米国人研究者を買収し、生物医学の発展への貢献が期待できる知的財産を盗み出そうしているとして、現状の把握に取り組んでいると指摘した。

 NIHのマイケル・ラウアー副所長(外部委託研究担当)は、疑いがかかっている科学者200人以上について90以上の研究所に連絡を取ったと述べた。ところが、NIHが調査した結果、新たな事例が政府全体で次々に明らかになっている。

 司法省は21日、数学教授で研究者の肖明慶被告を、国立科学財団から資金提供を受けながら、中国政府からも資金を提供されていたとして、通信詐欺で起訴した。

 肖被告は、南イリノイ大学カーボンデール校の教授で、2000年から数学部に勤めており、司法省によると、2018年から中国からの資金提供を受けていた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース